2006 JOMO ALLSTAR SOCCER 南浦和レッズ倶楽部田中達也・・・
FC2ブログ
南浦和レッズ倶楽部
浦和レッズ大好きな自分がバカみたいに日記を書いていくページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
田中達也・・・
ただ今テスト週間のため更新できずに申し訳ありません。

悪い知らせが一つあります。

皆さんも知っていますように、レッズFW田中達也選手が

診断名:右足関節脱臼骨折

で全治6ヶ月です。

昨日の試合。4点目が入り達也が左サイドを駆け上がると

柏DF土屋のスライディングが達也右足を捕える。

右足が完璧にありえない方向へ曲がっていました。

しっかり治して復帰することを待ち望んでおります。

そしてこれに伴い折鶴をサポーターで届けたいと思います。

と言うことで有志の方が折鶴プロジェクトのサイトを立ち上げてくれました。

達也にとってつらいのは分かっている。

でもコメントを残しています。

「昨日、柏レイソルとの試合中に土屋選手との接触で怪我をしてしまい皆様にご心配をおかけしています。怪我をした直後はショックと痛みで冷静さを欠いていましたが、時間が経つにつれ平常心を取り戻しつつあります。これからは気持ちを切り替えて一日でも早くピッチへ戻れるようリハビリに務めていきたいと思っています。しばらくの間、皆様の前でプレー出来なくなってしまいましたが、今シーズンは、まだ終わった訳ではないですし、今まで通り熱い声援をよろしくお願い致します。そして、柏レイソルと土屋選手への誹謗中傷はおやめくださいますよう合わせてお願い致します。我々、プロサッカー選手は常に全力でプレーし、皆様に最高のプレーをお見せすることに務めています。その上でのアクシデントは付き物だと私も十分理解しています。土屋選手にも昨夜、怪我については気にしないようにと伝えていますので、どうぞご理解下さい。それが、今一番の気がかりとなっています。最後に、必ずピッチに戻りますので、また、応援よろしくお願い致します」

との事。達也が辛いのも分かっている。だからこそチームが結果を出して踏ん張らなくてはいけない。

だから俺たちは待っている達也!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 15日のレイソル戦において、レイソルDFの土屋征夫の後方からのスライディングを受けた田中達也が全治5~6ヶ月と診断されました。これでW杯も絶望的ではないのかと一部では報道されていますね。中継の時や新聞記事などを見たときにも思ったのですが、明らかにおかし
2005/10/17(月) 20:22:24) | FC.VIRIDIS BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。